2011年 08月 28日
CLIP CO2 checker レビュー
おはようございます。
まだ 朝飯食ってない
あちぇです。


相変わらずブログの更新頻度が・・・書くネタだけ溜まっていく。
器具・機材ネタばっかですけどねぇ。

水草カテのはずなのに、最近水草が全く登場しないというね。
いや、ミクロソも3種増えたりとかしてるんですけどねぇ。

いや、何と言いますか・・・書く時間がねぇ!!
空いた時間を別のことに使ってしまっているので、なかなか書けません。
皆様のブログにもお邪魔出来ずに申し訳ないです。

あ、でもアクア熱は維持してるので、水槽に時間はかけてますw

と言う訳で。まだ2カ月先ですが・・・

10月28日(金) 関東(東京)上陸予定です。
当初の予定は、夜までOKだぜ!!でしたが、みんなで夕飯食べるそうなので
多分、17時過ぎのは帰りの電車に乗ることになりそうです。

平日の日中のみとか、時間作れる方いましたら、遊んでくださいな!!




さ、では本題です。

前回に引き続き CAL AQUA LABSの製品レビューですね。
f0234115_6481937.jpg

CLIP CO2 checker
クリップ式のドロップチェッカーです。


デザインは、かなり秀逸だと思っております。
ADAのドロップチェッカーもデザイン的に好きなんですが、これはこれで良いですよ。

自分的に、これの一番すぐれている所は・・・

付け方が自由

なんです。

このCO2チェッカーの場合

上の写真のようにガラスに掛けて使用することもできますし


f0234115_6435956.jpg

ドロップチェッカー見たいに、ガラス側面にも設置可能です。

f0234115_6505080.jpg

自分は、このように正面向けてガラス側面に付けてます。

キスゴムの付け方、付ける向きなどを自由に調整できるので
自分の付けたい場所に、自分の付けたい向きで自由に設置出来るのが、一番の魅力かなぁと思います。
出水パイプのキスゴム2個もそうですが
ここの製品は、
器具を機能的且つスタイリッシュに魅せる
と言う点では、かなり優れているように感じます。


ただ、それだけと言えば、それだけですけど・・・

パイプが曲がるのが嫌だったり、
設置出来る場所が微妙に限られていたり、
パレングラスの中にオトシンとか、餌とか、フンが入ったり・・・


こういうのって、使用を続けて行くと気になる部分だったりするんですよね。
自分だけかもですが・・・


あ、使用方法はドロップチェッカーと一緒なんで、割愛しますね。
唯一違うのは、付属の試薬は飼育水を入れないってところでしょうか。


さすがに英語で書かれてある使用説明書を100%理解するのは困難ですので・・・
「多分こうだろう」と感覚的なもので使用していますw


f0234115_6564931.jpg

ちょっと、試薬の色が薄いためか、色の変化が分かりづらいのがネックです。
なので、今度ADAの試薬買ってきます。
BTB溶液でも良いんでしたっけ??


これで、CAL AQUA LABS製品のレビュー終了です。
個人的には、カッコイイので全然ありです。
値段的には、今の円高を考えるとADAより安いですかね。

そして、今回は品切れのため導入できませんでしたが
インラインディフューザーの存在が、魅力的です。

こちらも、是非導入したいと考えていますが、諭吉が旅に出たままですので・・・
帰って来たらって感じですかね。


さ、張り切ってモンハン3でもするかw


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
↑ランキング参加しております。ポチっと押してくださいな♪



以下は当ブログとは一切関係ありません。
エキサイトブログに自動表示される広告です。

[PR]

by acherui_aqua | 2011-08-28 07:12 | 水槽・器具


<< 近況。      Efflux F2 (CAL ... >>